教授就任祝いに最適な胡蝶蘭

大学で教鞭を取られている先生方にとっては、教授に就任されることは、大きな喜びでしょう。
多くの学生達には、講義の中で奥深い専門的なことを教えるだけでなく、自分の培ってきた知識のみならず、学問を通して、自ら考えることや、仲間達と議論する尊さを伝えていることでしょう。
そんな忙しい中でも、教授に就任されるには、多くの研究も並行して行ない、成果を出さなければなりません。そのご苦労は並大抵のことではないはずです。
周りの人も心から祝福をさせて頂きたいものです。
お祝いとして、最もポピュラーな方法はお花を贈ることです。
地道に頑張ってこられた先生に対しては、最大の敬意を表すものとして、喜ばれる贈り物だと思います。
贈るお花を選ぶに当たっては、その花の言葉の意味を考えて贈ることが、スマートでお洒落な贈り方です。
特に縁起の良いお花というと、胡蝶蘭があります。
あの白く純粋な花を見ていると、贈られた人の心も清らかな気持ちになることでしょう。
胡蝶蘭の花言葉には、幾つもの意味が込められています。
だからこそ教授の就任祝いには、とても相応しいお花だと思うのです。
胡蝶蘭の代表的な花言葉には、「繁栄」という意味が込められています。
「繁栄」とは、人の末長い発展に対する祈りや願いがあります。
教授となられた先生のこれからのますますのご活躍を祈念して「繁栄」の気持ちを込めることは、とても喜ばしいことでしょう。
しかし、「繁栄」は先生ご本人だけでなく、先生の教育を通して実社会に巣立っていく教え子達の「繁栄」、そして先生の研究そのものが、社会に「繁栄」という貢献に結びつくことも、このお花に込められているのだとも考えるのです。
また、他の花言葉としては、「安定」の意味もあります。
世の中は常に進化して発展せずには、物事が成り立たない仕組みになっています。
しかし、発展も「安定」の上に発展するのです。
教授となられ、ご本人の研究成果や巣立っていく教え子の活躍が社会の景気や動きを安定させて、より生成発展できるようにと、熱く崇高な願いも込められているのだと思います。
胡蝶蘭の限りなく純粋な白い花を眺めていると、とても気高く高貴な印象を覚えます。
そのような意味も含まれている胡蝶蘭なのですが、贈られた時に官寺取ってもらいたいことは、このお花のようにいつまでも純粋な気持ちで、末長く社会に貢献されることができるよう頑張って頂きたいということです。
これが最大の花言葉の意味かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA