就任祝いの胡蝶蘭の贈り方

就任祝いにはどのようなものを贈るといいのでしょうか?
就任祝いには、花を贈るのがおすすめでしょう。
ここでは、花を就任祝いに贈る場合の方法についてご紹介しましょう。
就任祝いと言えば、ほとんどの場合がビジネス用途でしょう。
花を就任祝いに贈る場合には、間違いのない方法にしましょう。

278731
まず、花の種類としては、役員の就任祝いや社長の就任祝いの場合には、胡蝶蘭を一般的に贈ります。
胡蝶蘭は、一般的に高級なお祝いの際に贈る花であるため、胡蝶蘭を贈れば確かでしょう。
花の金額の相場としては、基本的に役員や社長などの役職者のトップクラスに贈る場合には、4万円~5万円くらい、10万円くらいに上はなります。
胡蝶蘭の安物の場合は、量が不足して、恥をかく場合もありえるため注意しましょう。
胡蝶蘭を贈る場合には、注文をネットショップから行うと非常に便利です。
おすすめのネットショップは、非常に有名な花屋で、胡蝶蘭は多くの賞をもらっている生産者のものだけを売っており、高い品質ということで評判になっている花屋です。
就任祝いが取引先などである場合には、このような花屋で花を贈るのがおすすめです。
紙札・木札も揃っており、もちろんラッピングは無料で、全国へ配送することもできます。
贈る胡蝶蘭の花は、ピンク色でも白色でも、どちらでも問題ありません。
悩んだ場合には、白色の胡蝶蘭を贈っておくと確かでしょう。
胡蝶蘭はいろいろな種類がありますが、「大輪」が就任祝いの際にはおすすめです。
全く花の大きさが違っています。
また、できるだけ5本立て程度は準備しましょう。
役員や社長の就任祝いの場合は、目安に5本立て程度をしましょう。
おすすめは、大輪の5本立てです。
実際に贈る方法としては、ネットショップのサイトで花をまず選びます。
花を贈る場合に注意する必要があるのは「札」です。
「札」というのは、誰から誰へ贈られたのかということを示すために、「祝御就任」などというように花の下についているものです。
この札の書き方を間違えないようにしましょう。
基本的に、札の書き方は花屋に任せるのがいいでしょう。
花屋は、花を就任祝いに贈ることも非常に慣れています。
注文する際には、花は就任祝いのものであること、役員や社長など、どのような役職に就任するのか、ということを用途欄に書き、あとは全てお任せすれば問題ありません。
就任祝いに花を贈る場合には、花はあまり安物を選択しないように注意しましょう。

就任祝い | 胡蝶蘭配送ナビ